index
会社情報
直営保養所など
求人情報
やっちゃばだより
リンク

 
SCHEDULE FEELUS待遇と勤務

松原 徹

・所属部署:野菜第一部第四課
・生年月日:昭和49年3月7日
・入社年月日:平成12年3月 (入社5年目)
・性格:冷静かつ大胆

現在はニュージーランド産の輸入カボチャの買い付けと販売。1日あたり10t(金額にして120〜130万円)にもおよぶ量を取り扱う。入社当時は、市場がどの程度の規模なのかも知らなかったので数字や金額に驚いていましたが、現在ではそれを冷静に判断して、日々変化する相場や事前情報と向き合っている。

5:00

起床。市場の朝はとにかく早い
顔を洗って歯をみがき、社服に着替えるまで僅か10分。気合を入れていざ出社。
5:15出社。徒歩5分で到着。

6:00

会社近くにある社員寮に住んでいるのでこの速さ。缶コーヒーを片手に
今日の販売について考える。
青果物は基本的に、当日で売り切らなくてはならないので、
お客様が退ける午前9時頃迄の3時間が勝負!

7:00

野菜の競売スタート

8:00

仲卸、八百屋さん等の小売業者、スーパーのバイヤーに電話を入れたり、自分の足で市場内を駆け回って商談する。
今日は8時過ぎには完売。ホっと一息。
8:30朝ご飯を食べに売店へ直行。牛乳、おにぎり、パンを食べながら新聞を読む。
お客様との話題作りも商談の基本。
販売したといっても現場には、何百kg、何tという荷物があり、それを指定された荷渡し場所にフォークリフト等を使って持っていくのが現場の仕事。現場の人間に売り先、荷渡し場所、時間を指示する。頼んだぞっ!

9:00

9:30事務所に上がってまずは電話。他市場入荷量、相場等の情報交換、販売先との値決め交渉をする。あとはひたすらパソコンを使っての入力業務。

10:00

 

11:00

産地と連絡を取り、販売報告をして現地の天候、成育状況を聞き、量販店への売り込みを考える。その傍、翌日の注文を受けながら、週末の売り込みの商談をすすめる。

12:00

 

13:00

入力終了、社員食堂にGO! 日替わりランチ400円の食券を握りしめていく。
青果市場だけあって、サラダ食べ放題が嬉しい。

14:00

産地顧客情報の収集
出荷情報に基づき分荷作業の準備

15:00

翌日の準備をして終了

16:00

 

17:00

 

並木健
所属部署:野菜第二部第三課

吉岡秀典
所属部署:果実第一部第一課

佐藤康夫
所属部署:果実第二部第一課

飯塚 正太
所属部署:果実第二部第二課


八尋 克己
所属部署:商事部商事課

 
Copyright (C) 2004 Tokyo Senju Seika Co.,Ltd. All Rights Reserved.

 当サイトのユーザーは、東京千住青果株式会社WEBSITE規約の条項に同意したものとみなされます。
プライバシーポリシーについてをお読みください。